2011年10月26日

DA16-45とDA21

DA21とDA16-45 描写の違いを比較してみました。
同じF値8.0にしています。
(Lightroom3でレンズ補正)

比較してみると、歪曲の違いはあるものの、描写はほぼ互角ですね。
等倍鑑賞してみると、DA21のほうが、描写性能はやや上回っています。
周辺部の像の流れは、DA21とかわらないようです。
DA16-45、20mmあたりは、周辺部の像の流れが少ないですね。


DA21 中央
K5__3595.jpg

DA16-45(20mm) 中央
K5__3598.jpg

DA21 左端
K5__3595-2.jpg

DA16-45(20mm) 左端
K5__3598-2.jpg

DA21 右端
K5__3595-3.jpg

DA16-45(20mm) 右端
K5__3598-3.jpg
posted by iMovie. at 11:16| Comment(2) | DA16-45(ドナ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
F8まで絞り込むと差は縮まりますね〜
ま、キット君だと縮まりませんけど (^^
しかし晴れてますね〜
雲の量だけで比べるとこちらより断然少ないです。
本日も晴れておりましたが今は曇天。
晴れても雲 50%以上って感じですよ (^^
Posted by ナイス兄貴 at 2011年10月26日 16:32
ナイス兄貴さん、こんにちは〜
F8まで絞り込むと、描写はかなりDA21に近くなりますね。
DA16-45、2.8倍のズームで、倍率を無理していないことや、
ED、非球面レンズ(2枚)を使っているので、描写性能が
良いのでしょう。
DAレンズの第一弾だったので、お金掛けて作られていたと
思います ^^
キットレンズにない写りで手放せないレンズです。
Posted by iMovie at 2011年10月26日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。