2014年09月18日

セカンド レンズ

DSC_0420.jpg

写真は、タム60で撮った在庫の写真です。
ニコ1で追加で買った18.5mmレンズ、D5300用のレンズを買うことを前提に、購入時の価格と
同額で売却しています。(高額査定感謝です)
なので、売却代金を原資にセカンドレンズを選ばないといけません。(笑)
D5300は、AF微調整がないため、タム60の経緯を踏まえて、ニコン純正から選びことにしました。
ニコン純正であれば、保証期間に関係なく、ニコンプラザで無償でAF微調整ができます。
候補は、単焦点レンズの中から、以下の3つ
どれも、軽量です。
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G  <200g>
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G <235g>
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G <185g>

PHOTOHITOでそれぞれのレンズの写真を見てから、ショップにD5300を持参して、試写してきました。
使ってみて良いなと思ったのは、
「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」と「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」です。
ダメなのは、「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」です。

「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」本命だったのですが、残念な結果になりました。
一番の問題は、絞り開放でピントが合わないことがある点です。
輝度差が大きい被写体だと、ピントを外すことがありました。
AF合焦速度の遅さ、フォーカスリングの感触(スカスカ)と遊びが気になり、
どうにも馴染めませんでした。
(ショップにあった中古品で、コンディションが悪かったかも)
50mmは、絞り開放から安心して使えるし、フォーカスリングにも適度な抵抗が
あって、使いやすかったです。
AFピントの合焦も速くて、テンポよく撮影できます。
(回転角が狭いかな)
ただ、最短撮影距離が0.45mなので寄れない点が気になります。
40mmマクロは、ニコンのマクロとして完成度が高いですね。
フォーカスリングの感触は一番良いです。
ペンタックスのA50のしっとり感はないですが、しっとりした感じが楽しめます。
ぼけも柔らかくて、A50とよく似ています。
フォーカスリミッターも付いていて、普段使いにも良さそうです。
私の場合、視野が狭いので、40mm以上の焦点距離のほうが好みなんです。
結果、40mmマクロに決めました。
マクロですが、寄れる40mmとして活用します。
試写したのが、店長さんの私物なので、入荷待ちです。
posted by iMovie. at 22:00| Comment(4) | D5300 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。